盗聴電波

福井市内の某所で盗聴電波を受信しました。

IMG_0870

現在、一般的に盗聴器と呼ばれるものは年間30万個以上販売されています。
単純に1日に1000個以上の数の盗聴器がこの世に出回り仕掛けられていることになります。
このような現象が起きた背景には・・・

1 : 盗聴器自体の価格が安くなった
2 : 機器が小型化、高性能で仕掛けやすくなった
3 : インターネットで購入ができ一般の人が購入しやすくなった
4 : 操作自体が簡単になった
このような状況の中「盗聴」という言葉は日常的になっています。

◆よくある事例
企業間による盗聴・盗撮
企業情報目的の盗聴・盗撮
逆恨み・妬みからの盗聴・盗撮
セクハラ目的の盗聴・盗撮
トイレ・更衣室の盗聴・盗撮
など・・・
盗聴器の小型化に伴い盗聴器の形状や取り付け場所も多様化しています。
近年は市販の盗聴器発見器では受信できない改造周波数の盗聴器が
販売されています。
家は大丈夫だろうと思っていても盗聴は安心はできないのが現状です。
もし不安があればご相談下さい。

盗聴器・盗撮器発見なら福井の探偵・北陸総合探偵社

Post a comment on "盗聴電波"

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です